東京・表参道の縮毛矯正や髪質改善の専門美容師ユキナガ

ブリーチ毛だから縮毛矯正を諦めるのは大間違い!ブリーチしていても縮毛矯正をかける方法を大公開

LINEで送る
Pocket

 

ブリーチしていて縮毛矯正をかけることができないと美容師さんから断られた経験がある方は、とても多く。

 

ブリーチ毛でくせ毛の方でたくさんの悩まれている方のお悩みを解決してまいりました。

 

 

 

 

ブリーチ毛で縮毛矯正は基本はNGです。

 

美容室のメニューのなかでも非常に髪の毛への負担も大きい縮毛矯正とブリーチのメニュー。

 

そして薬剤知識と技術で大幅に仕上がりと髪の毛へのダメージが変わります。

 

 

縮毛矯正とブリーチの順番や施術方法のお話を少ししていこうかなと思います。

 

 

縮毛矯正とブリーチの正しい順番

 

 

 

【縮毛矯正】→【ブリーチ(カラー含む)】

が正解例です。

 

この期間は2週間くらい開けるのが望ましいですね。

 

どちらもアルカリ性というものを使います。

単純に伝えると薬剤がかなり強い!

 

髪の毛のいい状態は”弱酸性”

 

最初の縮毛矯正薬液を使うことでアルカリ性に傾いた髪の毛を時間やシャンプートリートメントの効果により徐々に髪の毛の状態を”弱酸性”に戻すための2週間です。

 

 

カラーと縮毛矯正の同時施術の危険性については詳しくこちらの記事に書いてありますので
ご参考にどうぞ!

↓↓↓

【縮毛矯正とカラー同時施術の2つの危険と対処方法】

 

 

避けるべき順番

 

 

逆の施術方法はかなり危険性が高く

 

【カラー】×【縮毛矯正】

 

の場合もカラー退色を早めてしまいます。

 

 

【ブリーチ】×【縮毛矯正】

 

ダメージ加速が著しく、ブリーチすることで髪の毛の中のタンパク質(栄養素)が流失してしまいます。

髪の毛の中がすっからかんになるってことですね。

 

これをダメージホールと呼びます。

 

 

虫食いみたいに髪の毛に穴があいてしまい、髪の毛の中の栄養素が外に流れてしまう。

 

【カラーやブリーチの科学的ダメージ】

 

パーマ剤やブリーチ剤のアルカリ剤、還元剤の成分でキューティクルがはがれ、毛髪内部の栄養分が流出してしまいます。

 

これがブリーチのダメージ。

 

【では縮毛矯正のダメージとは?】

 

もちろん薬剤のパワーでの科学的ダメージも加わりますが

熱でタンパクが変性してしまうダメージ。

生卵を熱すると固まるように、キューティクルやコルテックスが固まってしまいます。

 

これによるカラーのムラなどが起きます。

 

 

 

 

縮毛矯正が難易度が高いと言われる理由

 

 

 
・過去の履歴による縮毛矯正薬液選定
・現在の髪の毛の状態やクセの種類、耐久力の見極め
・ダメージレベルの見極め
・髪質やクセの種類による道具や行程の選定
・ヘアアイロン温度 
 
 
 
 
【縮毛矯正薬液選定】×【ヘアアイロン技術】 
【縮毛矯正薬液放置タイム】×【ヘアアイロン温度】  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そんでもって”薬液パワー”は他の薬剤使うメニューよりも強いので
細かい技術、繊細さがかなり重要になります。 
(僕はO型ですが…笑) 
 
 
 

ブリーチ毛にも対応できるPH移行還元とは? 

 
 
 
ハイダメージ毛やビビり毛の場合は
よりシビアで正確な薬剤の強さのコントロールが必要なんです。
 
 
 
この場合、pH移行還元(ペーハーいこうかんげん)縮毛矯正という技法を用います。
 
 
弱酸性→中性→アルカリ性   
 
 
小学校の頃理科の授業でリトマス紙を使ってやったのを覚えていますか? 
 
 
 
髪の毛の状態は”弱酸性”なんです。
縮毛矯正もカラーもパーマも基本的な薬液は”アルカリ性”です。
 
 
 
ここで髪の毛に近い”酸性”の縮毛矯正薬液から塗布していきます。
髪の毛の表面の”門”をじっくりと優しく開かせます。
その後に”アルカリ性”の縮毛矯正薬液を後から塗布します。
 
 
 
そうすることで”門”が開いた状態で髪の毛の中の結合を解いてくれるので
ダメージ最小でよりきれいに縮毛矯正がかかるという最新の技術になります。 
 
 
 
全国探しても数店舗でしか受けられない特別な技術です。
 
 
 
こんな髪質のお客様におすすめなのがPH移行還元(ブリーチ&縮毛矯正履歴あり)
 
 
 
 
 
↓↓↓ 
 
 
 
 
 
 

ツインブラシアイロンワーク 

 
 
 
縮毛矯正は先程もお話しましたが 
 
 
【縮毛矯正薬液選定】×【ヘアアイロン技術】 
【縮毛矯正薬液放置タイム】×【ヘアアイロン温度】
 
で仕上がりが大幅に変動します。 
 
 
 
 
縮毛矯正薬液の選定ミスでもダメージしますし
クセが伸びないこともあります。
薬液の選定が適切であってもアイロン技術がヘタであればクセは伸びません。
 
 
 
そこでツインブラシを使うことでくせ毛をどのパネルでも均等に
”正しくひっぱる”ことが可能になります。 
 
 
 
くせ毛を伸ばすときの髪の毛に対してのテンション(ひっぱり)にムラがなくなります。
そうすることでアイロンでの失敗が大幅に少なくなります。  
 
 
 
 
 
 
 
 ※お客様はひっぱれてる感がないので痛くもなく頭も動きません。 
 もちろん髪の毛に対するダメージなどはないのでご安心ください♪
 
   
 
 
 
 
 
 
↑↑↑ 
PH移行還元の仕上がり
 
 
縮毛矯正美容師ユキナガ
 
 
ご予約はお早めにお願いいたします♪
 

表参道の縮毛矯正専門美容師

※JetB制作 ブログから縮毛矯正のLPへ誘導パーツ

市橋幸長
縮毛矯正専門だからこそできる美髪縮毛矯正であなたに朝の30分をプレゼントします。
癖が伸びる綺麗なストレートヘアはもちろんのこと、さらにツヤと質感もプラス。

 ⇓ こんな方におすすめです

  • 他店で縮毛矯正をしてもかからなかった

  • ブリーチをしていて縮毛矯正をあきらめている

  • 縮毛矯正の失敗によるビビり毛(チリチリの髪の毛)になってしまった

seasons by marbles

〒107-0062
東京都港区南青山5-10-1

090-9679-3083

AM 11ーPM21

ACCESS

  • 【表参道駅B1かB3出口】から出て頂き、そのまま30メートルほど少し道なりに行きますと、左側に『MAXMARA』がございます♪交差点を渡ると左側に『KUAAINA』がありますので、その隣の隣 【二葉ビル2階】 になります♪2階のガラス張り店内ですので外からも分かります!【らせん階段】を上って頂きますと当店になります♪骨董通りの交差点すぐ

お気軽にご予約ください

seasons by marbles

〒107-0062
東京都港区南青山5-10-1

090-9679-3083

AM 11ーPM21

ACCESS

  • 【表参道駅B1かB3出口】から出て頂き、そのまま30メートルほど少し道なりに行きますと、左側に『MAXMARA』がございます♪交差点を渡ると左側に『KUAAINA』がありますので、その隣の隣 【二葉ビル2階】 になります♪2階のガラス張り店内ですので外からも分かります!【らせん階段】を上って頂きますと当店になります♪骨董通りの交差点すぐ

この記事を書いた人

ユキナガ

表参道で全国から縮毛矯正の駆け込み寺として活動。 今までにない感動の縮毛矯正はもちろん、 業界初も1ヶ月半保証の髪質改善トリートメントでも有名。 美髪提供のスペシャリストとして活躍。 個人で美容師としてボランティア活動も行っている。 国内での活動は東京の児童養護施設で子どもたちのカットや福祉関係者と共同で障害者の方々のイベントを開きヘアメイク(ヘアアレンジ)などを行っています。 海外での活動は一年に一度インドネシアバリ島で孤児院に訪れ子どもたちと共に時間を過ごし、カットなどをさせていただいております。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

関連記事RELATED ARTICLE

くせ毛のミカタがあなたの髪の悩みを解決いたします。

ご予約はこちら ご予約はこちら arrow_right
PAGE TOP